fujitsu ten

9人制バレーとは

9人制バレーのルール

01. 施設·用具について

男子 一般女子 一般家庭婦人
コート21×10.5m18×9m
ネットの高さ2.38m2.15m2.05m
ボール66±1cm
270±10g
5号球
63±1cm
250±10g
4号球

02. コートの各部名称

03. チーム構成

1チームの選手は9人と交代選手6人です。(そのうちの一人をチームキャプテンとします)プレイヤーのほかに、監督・コーチ・マネージャー各1人が登録できます。(選手と兼ねることもできますが、その場合も選手は15人までとなります)

04. 得点

ラリーポイント制
得点はサーブ権のあるなしにかかわらず、ラリーに打ち勝ったチームに得点が加算されます。

05. 勝敗

1セット21点先取×3セット
20-20になった場合(ジュース)、2点リードしたチームがそのセットの勝者となります。
2セット先取したチームがゲームの勝者となります。

06. ポジション

9人制はフリーポジションのため、前衛・後衛の区別がなく、選手はコート内で自由にプレーできます。
よって、ポジションはコート内の位置関係を示すことになります。
ネットを基準に前衛(フォワード)・中衛(ハーフ)・後衛(バック)、ネットに向かって右がライト、真ん中がセンター、左がレフトと呼びます。
プレー中は多様なポジションがあり、チームの特性を生かすことができるのが9人制の特徴です。

07. 試合の進行

サービス権またはコートの選択
両チームのチームキャプテンは試合開始前にトスをし、勝ったチームはサービスをする権利かサービスを受ける権利、またはコートのいずれかを選択できます。
サービス順の確認
両チームの先発選手は、試合開始前にサービス順にエンド・ラインに整列します。
事前に登録したサービス順は、その試合中に変更することはできません。
また、次のセットにもサービス順は引き継がれます。
コート・チェンジ
セットの終了ごとにコートを交替します。
最終セットでは、どちらかのチームが11点先取したときにコートを交替します。
タイム・アウト
タイムアウトは1セットに2回、または2回分続けて要求することができます。
1回のタイムアウトは30秒間です。
選手交代

選手交代は1セットにつき6回まで行うことができます。交代選手がもう1度ベンチに下がる場合は同じ人としか交代できません。

【選手交代の例】
1~9を先発競技者、10~12を交代競技者とします。
① 7→10→7、8→11、9→12
② 8→10→8、9→11→9

08. プレーの定義

サービス(サーブ)
主審のサービス許可のホイッスル後、8秒以内にボールを打たなくてはなりません。
サービスは1度失敗しても、もう1度行うことができます。
打ったボールがネットに触れた場合は、相手コートに入っても「失敗」となります。
ボールへの接触
相手コートに返すまでのボールに接触できる回数は3回です。
ただし、ボールがネットに触れた場合は、さらに1回(計4回)接触することができます。
同じチームの選手同士が2人以上で同時にボールに触れた場合は、1回とカウントします。
ブロックで触れた回数も1回とカウントします。
ダブルコンタクト(ドリブル)
同じ選手が2回以上連続してプレーをするとドリブルの反則となります。
ただし、以下の場合は反則になりません。
ブロックした選手が続けてボールに触れた場合(接触回数は2回とカウント)。
選手が打ったボールがネットにかかった後、同じ選手が続けてボールに触れた場合(2回が限度)。
タッチネット
プレー中、選手がネットおよびアンテナに触れたときは、タッチネットの反則となります。
ただし、以下の場合は反則になりません。
・アンテナの外側のネット、およびボールをプレーする一連の動作中でないときにネットに触れても相手チームのプレーを妨害しない場合
・選手がネット外側のロープに触れた場合
オーバーネット
プレー中に選手がネット上を越えて相手コート内にあるボールに触れたときはオーバー・ネットの反則となります。
オーバーネットの限界線は白い布のふくらみいっぱいまでです。
ボールが手から離れていた場合は相手コート内に出ても反則にはなりません。
ボール・アウト
ボールは両アンテナ間でネット上の空間を通過させて相手コートへ送ること。
ボールがアンテナに当たったり、アンテナより外を通過した場合はボールアウトとなります。