fujitsu ten

9人制バレーとは

9人制と6人制の違い

同じバレーボールでも、西洋で育った6人制と日本で発展してきた9人制ではルールが異なります。6人制はスピード感のあるゲーム展開が魅力の一つですが、9人制には日本人に特化したルールで粘り強いゲームが楽しめるという魅力があります。
ここでは、そんな9人制と6人制のルールの違いを比較しながら紹介しています。

なかでも、注目すべき違いの部分はこのように表示しています。

9人制と6人制の違いを知って、それぞれのスポーツの魅力の違いを楽しんでください。

01. コート·用具

9人制6人制
コートの広さ 男子/一般:21×10.5m
女子/一般·家庭婦人:18×9m
中学男子:20×10m
小学生:16×8m
18×9m
小学生:16×8m
ネットの高さ [ 男子 ]
小学生:1m90cm
中学生:2m15cm
高校生:2m25cm
大学/一般:2m38cm

[ 女子 ]
小学生:1m90cm
中学生:2m
高校/家庭婦人:2m5cm
一般:2m15cm
[ 男子 ]
小学生:2m
中学生:2m30cm
高校生:2m40cm
大学/一般:2m43cm

[ 女子 ]
小学生:2m
中学生:2m15cm
高校生:2m20cm
大学/一般:2m24cm
ライン サイドライン/エンドライン エンドライン/サイドライン/センターライン/アタックライン
アンテナの位置 ネットの両サイドにあるサイドバンドの外側20cm サイドバンドの外端

02. チーム、ゲームの進行

9人制6人制
プレーヤー 9人で交代選手6人以内
ベンチ登録できる選手は15人までです
6人で交代選手8人以内
ベンチ登録できる選手は14人までです

1名のリベロプレーヤを登録できますが、13人以上登録の場合はリベロプレーヤを2人登録しなければなりません

※中体連・高体連主催の大会では、6人以上12人以内のプレイヤー、2名までリベロプレーヤを登録できます
※小体連の大会では、6人以上12人以内のプレイヤー、リベロはなしです
勝敗 3セットマッチ(2セット先取で勝ち) 国内の主な大会・国際試合は5セットマッチ(3セット先取で勝ち)
その他の大会は3セットマッチ(2セット先取で勝ち)
1セット 21点先取 25点先取、第5セットは15点先取
※小体連の大会では、21点先取、3セットマッチ(2セット先取で勝ち)
ローテーション なし サイド・アウトになったとき
※小体連の大会ではローテーションなし
選手交代 2016年度より、6人制と同様に合計で6回のメンバーチェンジができます
交代者がもう1度ベンチに下がる場合は同じ人としか交代できません

【例】2番→10番と選手交代
10番の人がベンチに戻るには2番の人としか交代できません(10番→2番)
合計で6回のメンバーチェンジができます
交代者がもう1度ベンチに下がる場合は同じ人としか交代できません

【例】2番→10番と選手交代
10番の人がベンチに戻るには2番の人としか交代できません(10番→2番)

03. サービス(サーブ)

9人制6人制
サービスの回数 2回(1回目を失敗してもやりなおしすることができます) 1回
ネットイン サーブしたボールがネットに触れたら失敗となります サーブしたボールがネットに触れても、相手コートに入ればよい
サービスの順序 1試合を通じて変更できません
あらかじめ登録されたオーダーに従います
セットごとに変えてもかまいません
サービス時の位置 決まっていません
(コート内の位置取りは自由です)
6人の選手は、サービス時にはコート内の所定の位置にいなければなりません

04. ブロック

9人制6人制
ボールへの接触回数 1回とカウントします ブロックは接触回数に数えません
同一選手のプレー ブロック後、同一選手が2回連続してプレーしてもかまいません
ただし、接触回数は2回と数えます
同一選手が2回連続してプレーしてもよいですし、接触回数はブロックに限り数えません
参加人数 ブロックには9人全員が参加することができます ブロックには前衛の選手のみが参加することができます
オーバーネット いかなる場合でも相手コート内にあるボールに触れてはいけません
ブロック時にネットを越えてボールを押し込むのはオーバーネットとなり反則になります
相手チームのプレーを妨害しない限り、手と腕はネットを越えて伸ばしてもよく、相手チームがアタックヒットを行った後であればネットを越えてボールに触れることができます

05. その他のプレー

9人制6人制
ネットプレー ボールがネットに触れた場合は同じ選手でももう1回プレーすることができます ボールがネットに触れた場合でも、同じ選手が再びボールに触れてはいけません
フォア·ヒット(オーバータイムス) ボールがネットに触れた場合は誰でももう1回プレーすることができます
よって、ボールがネットに触れた場合は最大4回までボールに接触できます
ボールがネットに触れた場合でも、相手チームにボールを返す回数は3回までと決まっています
ダブル·コンタクト(ドリブル) 同じチーム内の2人以上の選手が同時にボールに触れた場合、接触回数は1回とみなします
その場合、ボールに触れたいずれかの選手が続けてボールに触れてもかまいません
同じチーム内の2人の選手が同時にボールに触れた場合、接触回数は2回と数えます
相手コートへの踏み込み 相手チームの選手に触れたり、プレーを妨害しなければ相手コートに踏み込んでも反則にはなりません センターラインを完全に踏み越すと反則となります
後衛の制限 制限はなく、どの選手も味方コート内なら自由にプレーすることができます ブロックへの参加ができないほか、フロントゾーン内でネット上端よりも完全に高い位置にあるボールを攻撃するのは禁止されています