fujitsu ten

活動レポート

2017年8月26-27日

岡山県吉備中央町へ出張バレーボール教室

今年で3回目となる「吉備中央町バレーボール教室」。講師役としてご招待していただき、2日間の出張バレーボール教室を実施しました。会場のかもがわ総合スポーツ公園体育館には、地元の小中学生、ママさん延べ140名が大集合!中には親子で参加してくださった方もいらっしゃり、バレーボールを通じて、子どもから大人までが一緒の空間で楽しむことができ、改めてバレーボールの魅力を感じることができました。

当日の様子を紹介!

[ 小学生の部 ]

参加チーム
御北/円城/吉川/津賀/とよの
小学生グループ担当
メル、ヒナ、アミ、ナミ、シュウ、コウ、クルミ

子どもたちは教室が始まる前から自分たちで練習をしていて、練習熱心だなぁと感心していたところ「お姉さん!!一緒に練習してください!」と駆け寄って来てくれました。小学生の部は、低学年と高学年にグループに分け、高学年はカラダの使い方を細かく説明しながら取り組み、低学年はボール感覚を掴む為にボール遊びを交えながら進めていきました。昨年も参加してくれた子どもたちがたくさんいて、私たちの名前を覚えてくれていたり、積極的に話しかけてきてくれたので、嬉しかったです。楽しそうな笑顔が印象的な2日間になりました。

宮永選手(アミ)のコメント
吉備中央町の小学生はとても元気が良く、ひとつひとつの練習メニューを一生懸命取り組んでくれるので、すごくやりがいを感じました。また、2日間通して教室をさせてもらったので子どもたちとの距離も縮まり、たくさん話しかけてくれて私も凄く楽しい時間をすごす事ができました。今回学んだ事を活かしてこれからも頑張ってくださいね!!

[ 中学生の部 ]

参加チーム
加賀中学校、美咲中央中学校
中学生グループ担当
リン、フウ、ライ

中学生の部は、1日目は加賀中学校の1チームだけでしたが、2日目は2チームの参加となり、チームにみっちりついて、レシーブ練習やフォーメーションを確認し合いながら練習することができました。最初は恥ずかしさもあり、少し元気がなかったように感じましたが、練習していくうちに序々に大きい声を出して取り組んでくれました。中学生は普段とは違った練習メニューで少し戸惑いがあったと思いますが「やってみよう!」という意欲が感じられ、必死にボールを追いかけてくれました。ゲーム形式では、1試合ごとにみんなで目標を立てて行い、上達していくのが目に見えてわかり、ナイスプレーも続出していました!

松井選手(ライ)のコメント
1ヵ月後に試合を控えているという事で、試合に繋げられるようにメニューを考えて気合いを込めてバレー教室を進めていきました。始めは少し緊張しているようでしたが、練習していくうちに自然と声もでるようになり、レシーブ練習では必死に拾ってみんなでボールを繋いでいました。みんなバレーボールが大好きで、ボールを追いかける目はキラキラ輝いていました★来月の試合は、チームみんなで力を合わせて頑張ってくださいね!!

[ ママさんの部 ]

参加チーム
御北/吉川/津賀/竹荘/上竹/KBC
ママさんグループ担当
キュウ、マイ、ユウキ

ママさんグループは9人制特有のオーバーレシーブや、ネットプレーを中心に取り組みました。レシーブ練習ではボールを上げれなかったり、納得がいかないと「もう1本!!」と納得がいくまで何本もレシーブされる方もいらっしゃいました。また、分からない事があればすぐに質問してくださり、熱心な方ばかりでした。何歳になってもバレーボールが大好きで、上手になりたい!と熱い心をもった皆さんと一緒にバレーボールが出来て私たちもすごく楽しかったです!これからも楽しみながら、そしてくれぐれもゲガには注意して(あまりムリをせず(笑))、バレーボールを頑張ってください!来年もお会いできるのを楽しみにしています。

久次米選手(マイ)のコメント
1日目のウォーミングアップから元気な声で、小学生や中学生を引っ張ってくださいました。少しハードな練習メニューもありましたが、そこは体にムチを打って、必死にやって下さいました。パワフルなママさんと一緒にバレーが出来て私達もとても楽しかったです!これからも皆さんでバレーボールを楽しんでくださいね。

みんなで記念撮影!