FUJITSU TEN
Press Release
2008年12月2日
富士通テン株式会社
ドライブレコーダーが日産自動車のオプションに採用

今回採用された「ドライブレコーダー」

 富士通テン(株)(本社:兵庫県神戸市 代表取締役社長:勝丸 桂二郎 資本金:53億円)は、当社ドライブレコーダーが日産自動車株式会社のディーラーオプションに採用されましたのでお知らせします。
 なお、当社製品が日本の日産自動車ディーラーオプションとして採用されるのは、今回が初めてです。

 採用されたドライブレコーダーは、11月26日発売の日産自動車Cube など6車種にオプション設定されています。
 音声記録機能搭載、本体・カメラ分離型、広画角カメラを採用。さらに記録された画像をパソコンで再生する際に車速・衝撃の大きさ(加速度)を表示でき、運転状況の振り返りに役立ちます。

【ドライブレコーダーとは】
 車両に設置したカメラにより車両周辺の状況を撮影し、衝突・急ブレーキなど衝撃の前後数十秒間の映像を記録するものです。(※1)事故発生時などに記録した情報を解析することで、事故原因の早期把握をサポートします。
 記録情報の解析による自己の運転状況の把握や、「記録されている」ことによる安全運転意識の向上などにより、交通事故を減らす有効な手段の1つとして、国土交通省・警察庁なども普及を目指しています。
 さらに、急加減速が減少することで燃費向上も期待でき、近年タクシーやトラックなどの商用車に加え、一般車への普及も進んでいます。

※1 衝撃の弱い場合などは、映像が記録されないこともあります。

上記以外の当社ドライブレコーダー製品情報につきましてはこちらをご覧ください
[報道関係お問い合わせ先]
広報室
TEL:078-682-2170
E-mail:pr@ten.fujitsu.com

プレスリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。
その後予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承ください。
close
Copyright © FUJITSU TEN LIMITED. All rights reserved