FUJITSU TEN
Press Release
2008年2月28日
富士通テン株式会社
<ご参考>

富士通テン社会貢献基金より、小山市社会福祉協議会へ
「高齢者疑似体験用具」を小・中学校教材用として寄贈

 富士通テン社会貢献基金(*)は、小山市社会福祉協議会(栃木県)へ「高齢者擬似体験用具」2セットを寄贈します。

 当基金は、富士通テン(株)本社所在地の兵庫県神戸市、および生産工場のある岐阜県中津川市と生産子会社(株)栃木富士通テンのある栃木県小山市を中心に社会貢献活動を行っています。

 今回寄贈する「高齢者擬似体験用具」は、小山市社会福祉協議会から、福祉活動に取り組む市内の小・中学校に貸し出されます。現在、同協議会で保有している高齢者疑似体験用具の老朽化が目立ち、数も不足していることから寄贈品として選定しました。
 
 小山市内の小学校では、高齢者の苦労を疑似体験し福祉の大切さを学ぶカリキュラムがあるほか、中学校では、委員会や文化祭等の諸活動に活用されます。また、同協議会登録ボランティア団体の主催する体験イベント等にも活用される予定です。

 当基金は、今回寄贈する「高齢者擬似体験用具」を「福祉の芽」を育てる活動に生かし、高齢者や福祉に対する理解を深めるために役立てていただきたいと考えています。


【寄贈内容】
寄贈先 小山市社会福祉協議会
贈呈品目 高齢者疑似体験用具
(視覚シミュレーター、膝関節拘縮シミュレーター等がセットになったもの)
 2セット
贈呈式 日時    :2008年3月4日(火) 11時00分〜
場所    :小山市役所 市長公室
当社出席者:(株)栃木富士通テン 専務取締役、企画総務部長 他
【(*)富士通テン社会貢献基金】
富士通テン社会貢献基金(理事長:小倉通孝)は、社会貢献活動を計画的かつ継続的に実施していくため、1994年5月に富士通テン(株)と富士通テン労働組合が共同で設立。運営資金は、定期的に開催しているチャリティーコンサートの入場料や、富士通テン(株)、(株)栃木富士通テン、富士通テン労組からの拠出金など。これらの資金を元に、社会福祉施設・団体への楽器寄贈や、災害被災者の復興支援などを実施。
これまでの社会貢献活動につきましてはこちらをご覧ください
[報道関係お問い合わせ先]
(株)栃木富士通テン 企画総務部
TEL:0285-41-1222
コーポレートコミュニケーション部 広報チーム
TEL:078-682-2170
E-mail:pr@ten.fujitsu.com

プレスリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。
その後予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承ください。
close
copyright