2007(平成19)年8月29日
富士通テン株式会社
カーAV製品の生産累計1億台達成
  富士通テン(株)(本社:神戸市 代表取締役社長:勝丸 桂二郎 資本金:53億円)は、1955年にトヨタ自動車より発売された「クラウン」にカーラジオを納入して以来、カーAV製品(カーラジオ・オーディオ・TV・ナビゲーションシステムなど)の生産累計が、2007年6月で1億台を達成し、本日、本社にて記念式典を執り行いました。

  当社のルーツは、川西機械製作所に遡り、神戸工業(株)、富士通(株)を経て現在に至ります。1955年(神戸工業時代)にトヨタ自動車(株)(当時 トヨタ自動車工業(株))より発売された「クラウン」向けにカーラジオを納入。同年には市販ビジネスにも着手し、当社のカーオーディオ事業の歴史が始まりました。
  以降、日本初“オールトランジスタ方式カーラジオ”(1959年)、日本初“8トラック方式カーステレオ”(1967年)などを発売し、カーオーディオ業界で確固たるポジションを築きました。1983年には世界初“車載用CDプレーヤ”をトヨタ自動車と共同開発した他、1997年には、現在のカーナビゲーションシステムのスタンダードな形にまで進展した、AudioとTVなどのVisualそしてNavigationを一体にした「AVN」を発売しました。

  生産は、国内は本社と中津川工場(岐阜県中津川市)の他、子会社(株)栃木富士通テン(栃木県小山市)の3拠点体制をとり、海外は1987年のアメリカを皮切りに、フィリピン、メキシコ、中国(天津)、タイ、中国(無錫)、スペインと順次生産拠点を拡大し、グローバル市場を見据えて展開してまいりました。

  近年では、カーナビゲーションシステムの普及とともに、カーAV機器は車室内の中心的存在となり、ITSの実現に重要な役割を担う製品になることが予測されます。
当社は、この度の生産累計1億台の達成を節目として、さらにお客様の期待の一歩先を行くカーAV製品とサービスを提供することに努め、IT技術を駆使し、車社会の「安全と安心の確保」「快適移動空間の提供」「地球環境への貢献」を実現してまいります。

記念式典で挨拶をする 社長:勝丸桂二郎 生産1億台メモリアル製品を前に


【カーAV製品生産1億台のあゆみ(ご参考)】
内 容
1955年 トヨタ「クラウン」用カーラジオ納入
1959年 日本初、オールトランジスタ方式カーラジオ開発
1965年 生産累計100万台
1967年 日本初、8トラック方式カーステレオ
1973年 生産累計1,000万台
1983年 世界初、車載用CDプレーヤをトヨタ自動車(株)と共同開発
1988年 生産累計5,000万台
1989年 世界初、車載用DSPサウンドプロセッサを開発
1994年 世界初、車載用マルチメディアプレーヤ「Car Marty」発売
1995年 国内市販市場向けにカーオーディオの新シリーズ「ECLIPSE」発売
1997年 All in Oneをコンセプトに、Audio・Visual・Navigationを2DINサイズに集約した「AVN」発売
1997年 世界初、1DINサイズ6枚CDチェンジャーをトヨタ自動車(株)に納入
2000年 世界初、DVDナビゲーションとオーディオビジュアルを2DINサイズに集約したDVD-AVNをトヨタ自動車(株)に納入
2002年 世界初、20GBハードディスクを2基搭載したカーナビゲーションシステム発売
2004年 北米および中国で“AVN”販売開始
2005年 世界初、運転席と助手席で同時に異なる表示ができるカーナビゲーション「DUAL AVN」発売
2005年 世界初、1DINにAudio・Visual・Navigationの全機能を内蔵した「1DIN AVN」発売
2006年 世界初、車の天井材を振動させて音を出す「ヘッドライナースピーカシステム」をトヨタ紡織(株)と共同開発
2007年 生産累計1億台達成
[報道関係お問い合わせ先]
コーポレートコミュニケーション部 広報チーム
TEL:078-682-2170
E-mail:pr@ten.fujitsu.com

プレスリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。
その後予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承ください。
Copyright © FUJITSU TEN LIMITED. All rights reserved.