FUJITSU TEN
Press Release
2007(平成19)年4月2日
富士通テン株式会社
スペインの生産関連会社を子会社化
〜拡大する欧州自動車ビジネスに対応〜
  富士通テン株式会社(本社:兵庫県神戸市、代表取締役社長:勝丸 桂二郎、以下「富士通テン」)は4月1日付で、富士通株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:黒川 博昭、以下「富士通」)との合弁会社である富士通マニュファクチャリングエスパーニャ(本社:スペイン マラガ市、会長:藤井 保之、以下「FMESA社」)の発行済株式のうち、10%を富士通より取得し、FMESA社を子会社化いたしました。

  この結果、FMESA社に対する両社の出資比率は富士通テン55%、富士通45%となります。また、同日付で、FMESA社の社名を富士通テンエスパーニャに変更いたします。

 FMESA社は従来より、欧州市場向けにATMなどの金融端末や自動車用電子機器、カーオーディオなどを生産してまいりましたが、昨今、自動車関連ビジネスが拡大し、今後、この比率がさらに高まると予想されることから、富士通テンが同社の経営権を取得することにいたしました。
      
 富士通テンは、1996年にカーオーディオの生産をFMESA社(当時:富士通エスパーニャ)に委託して以来、同社を欧州における重要な生産拠点と位置付け、同地域への供給体制を整備してまいりました。その後、拡大する欧州自動車ビジネスへの対応を強化するため、2004年2月に25%、2005年3月に追加で20%の株式を富士通より取得し、経営にも参画いたしました。
      
 富士通テンエスパーニャは引き続き、富士通テンと富士通の合弁会社として、欧州地域のニーズに対応してまいります。
      
 【スペイン生産子会社の概要】                      
  変更前 変更後
商号 FUJITSU MANUFACTURING ESPANA, S. A.
富士通マニュファクチャリング
エスパーニャ
FUJITSU TEN ESPANA, S. A
富士通テンエスパーニャ
出資比率 富士通     55% 富士通     45%
富士通テン  45% 富士通テン  55%
所在地 Pol.Ind. Guadalhorce-Cesar Vallejo, 16 29004 Malaga, Spain
事業内容 自動車用電子機器、カーオーディオ、IT関連製品などの製造・販売
代表者 藤井 保之[会長]
資本金   2,999千ユーロ (約4.7億円) (2007年2月末現在)
売上高 108,000千ユーロ(約170億円) (2006年度見込み)
従業員数 537名                (2007年2月末現在)
沿革 1973年 6月  富士通が全額出資により富士通エスパーニャを設立
1996年 3月  富士通テンがカーオーディオの生産委託を開始
2002年10月  生産部門をFMESAに分割
2004年 2月  富士通テンがFMESA株の25%を取得
         (富士通テン持株比率25%)
2005年 3月  富士通テンがFMESA株の20%を追加で取得
         (富士通テン持株比率45%)
2007年 4月  富士通テンがFMESA株の10%を追加で取得
         (富士通テン持株比率55%)


[報道関係お問い合わせ先]
コーポレートコミュニケーション部 広報チーム
TEL:078-682-2170
E-mail:pr@ten.fujitsu.com

プレスリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。
その後予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承ください。
Close
Copyrigt © FUJITSU TEN LIMITED. All rights reserved.