ドコモビジネストランシーバTOPページ > 車両情報表示ソフト Type-D
Type-D
[ Type-D ]はパソコンからインターネット経由で、トランシーバ端末を
搭載した車両の位置などを的確に把握。より効率的な運行管理を実現します。
主な機能
Type-D
ご利用料金
ご利用料金 内容
動作環境
動作環境 内容
商標について
  • Microsoft、Windows、Windows7、Windows8は、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標です。
  • intel、インテル、intel Coreは、アメリカ合衆国およびその他の国におけるintel Corporationまたはその子会社の商標または登録商標です。
  • .NET Frameworkは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。
  • スーパーマップル・デジタルは、(株)昭文社の登録商標です。
  • その他の記載されている製品名などの固有名詞は各社の商標または登録商標です。
  • その他のすべての商標は、それぞれの所有者に帰属します。
必ずお読みください
  • 本サービスのご加入には株式会社NTTドコモが提供する「ドコモビジネストランシーバサービス」のご契約、「トランシーバおまとめ払いサービス」および「トランシーバデータ連携サービス」へのお申し込みが必要です。詳しくはご購入された販売店にお問い合わせください。
  • 車両情報表示ソフトのお申し込みは、富士通テンホームページの「車両情報表示ソフト利用規約」にご同意いただき、「車両情報表示ソフト利用申請書」をご記入/捺印の上、富士通テン株式会社へご郵送いただく必要があります。
  • ご利用料金は利用開始月の翌月から発生します。
  • 対象月の途中で解約が発生しても、1ヶ月分の料金がかかります。
  • 費用のお支払い時には、消費税を加えてお支払いいただきます。
  • 固定のグローバルIPアドレスの取得はお客様のご契約されているプロバイダまたはお客様の情報システム部門へご確認ください。
  • お客様の社内ネットワークのセキュリティポリシーにより本サービスがご利用できない場合があります。
  • ご契約者やご連絡先の内容が変更した際も、必ず申込区分「情報変更」にて申請をお願いいたします。
  • ご利用開始希望日に添えない場合もありますので、予めご了承願います。
  • 「車両情報表示ソフト利用申請書」ご記入方法でのお問合せ先 : 富士通テン株式会社 ドコモビジネストランシーバ 担当まで TEL 078-682-2057
  • 「車両情報表示ソフト利用申請書」送付先 : 〒652-8510 神戸市兵庫区御所通1-2-28 富士通テン株式会社 営業本部 営業企画部 ドコモビジネストランシーバ 担当まで
  • 「車両情報表示ソフト利用申請書」受付後、10営業日(営業日は富士通テンの稼働日)以内にソフトウェアのダウンロードサイトのURLやID/パスワードをEメールにてご通知いたします。
車両情報表示ソフト利用申請書
「車両情報表示ソフト利用規約」にご同意いただき、利用申請書をクリックしてください。
車両情報表示ソフト利用規約を読む
    第1条(規約の適用)
  • 富士通テン株式会社(以下「富士通テン」といいます)が、ドコモビジネストランシーバに関連して提供する車両情報表示ソフトは、本規約に従って提供されます。利用者は、車両情報表示ソフトの利用申込にあたり本規約をご確認のうえご承諾頂く必要があります。
  • 第2条(用語の定義)
  • (1)「ドコモ」:株式会社NTTドコモのことを指すものとします。
  • (2)「ビジネストランシーバ契約」:ドコモが電気通信サービスの付加機能として提供するトランシーバ機能の提供を受けるために、ドコモと締結した契約を指すものとします。
  • (3)「車両情報表示ソフト」:富士通テンがインターネットを経由して頒布するアプリケーションプログラムのことをいい、インターネット網を通じて、センター側パーソナルコンピューターと対象製品(第(5)号において定義)との間で情報通信を行なうことができる機能を有する者のことをいうものとします。なお、車両表示ソフトには、地図データは含まないものとします。
  • (4)「利用者」:ビジネストランシーバ契約を締結した者のうち、本規約に定める車両情報表示ソフトを利用する者をいいます。
  • (5)「対象製品」:富士通テン製トランシーバ端末のことを指すものとします。
  • (6)「地図データ」:利用者が車両情報表示ソフトにおいて地図表示機能を利用するために必要となる地図データのことをいい、以下のいずれかの地図ソフトウェアを指すものとします。
    • ・昭文社発行 スーパーマップルデジタル14 全国版
    • ・昭文社発行 スーパーマップルデジタル14 東日本版
    • ・昭文社発行 スーパーマップルデジタル14 西日本版
    • ・昭文社発行 スーパーマップルデジタル14 関東・甲信越版
    なお、車両情報表示ソフトが地図データの新しいバージョンに対応した場合は、車両情報表示ソフトの取扱説明書に記載するものとし、最新の取扱説明書は利用者がインターネットを経由して確認するものとします。
  • (7)「車両情報表示ソフト利用契約」:本規約に基づき富士通テンと利用者との間で締結する車両情報表示ソフトの利用に関する契約をいいます。
  • 第3条(規約の変更)
  • 富士通テンは、本規約の変更を行う場合は、1か月間の予告期間をおいて、変更後の本規約の内容を富士通テンが適当と判断する方法で利用者に通知するものとし、予告期間経過後は、変更後の本規約が適用されるものとします。
  • 第4条(契約の申し込み)
  • 利用者は、本規約に同意いただいたうえ、富士通テン所定の契約書を富士通テンに提出することにより車両情報表示ソフト利用契約を申し込むものとします。
  • 第5条(契約申込みの承諾)
  • 富士通テンは、前条の申し込みを受けた場合において、次の各号に定める事項に該当する場合はその申し込みを承諾しないことがあります。
    • (1)利用者が、ドコモとの間でビジネストランシーバ契約を締結していないとき
    • (2)利用者が、ドコモが提供するトランシーバおまとめ払いサービスおよびトランシーバデータ連携サービスに加入していないとき
    • (3)利用者が虚偽の事実を申告したとき
    • (4)利用者が富士通テンに対する債務の履行を現に怠り、又は怠るおそれがあるとき
    • (5)富士通テンが技術上又は業務の遂行上支障があると判断したとき
    • (6)その他富士通テンが不適当と判断したとき
  • 第6条(権利義務の譲渡禁止)
  • 利用者は、本規約に基づき、富士通テンに対して有する権利又は富士通テンに対して負う義務の全部または一部を第三者に譲渡し、承継させ、または担保に供することはできません。
  • 第7条(利用料金)
  • 1利用者は、利用料金として対象製品1台あたりにつき、下記に定める月額料金およびそれにかかる消費税を所定の支払期日までにお支払いただきます。

    月額料金:200円/台

  • 2富士通テンは、富士通テンが適当と判断する方法により事前に利用者に通知または周知することにより、前項に定める利用料金の一部または全部を変更することができるものとします。この場合、変更日が属する月以降の利用料金は、変更後の利用料金が適用されるものとします。
  • 第8条(支 払)
  • 1前条に定める利用料金は、ドコモが提供するトランシーバおまとめ払いサービスによりドコモから利用者へ請求され、利用者は、トランシーバおまとめ払い契約の規定により、利用料金をドコモに対して支払うものとします。
  • 2利用者は、利用料金について支払期日を経過してもなお支払いがない場合には、支払期日の翌日から支払日の前日までの日数について、年14.5%の割合で計算して得た額を延滞利息として支払っていただきます。
  • 3富士通テンは、利用者にお支払頂いた利用料金は、いかなる事由であっても返金する義務は負わないものとします。
  • 第9条(利用方法)
  • 1富士通テンは、第4条による車両情報表示ソフト利用契約の申込みを承諾した場合は、利用者に対して、以下の情報を通知するものとします。
    • (1)車両情報表示ソフトを入手することのできるホームページのURL
    • (2)車両情報表示ソフトの利用および第(1)号に定めるホームページにログインするために必要となるIDおよびパスワード
  • 2利用者は、前項に定める情報の入手後、自己の責任で以下の対応を取るものとします。
    • (1)センター側パーソナルコンピューターの準備
      なお、動作環境は以下のとおりとします。
      • 対応OS
        Windows 7 (Home Premium、Professional、Ultimate)
        Windows 8 (無印、Pro、Enterprise)
      • 解像度
        WXGA(1280×768)以上
      • CPU
        インテルR Core2 DuoR E6320(1.86GHz)以上推奨
      • メモリ
        2GB以上推奨
      • HDD
        5GB以上空き容量(地図データ除く)
      • その他
        DVDドライブ、固定のグローバルIPアドレス、「.NET Framework4.0」
        インターネット経由でトランシーバサーバへの接続環境が必要
      富士通テンは、車両情報表示ソフトの動作環境に変化があった場合は、車両情報表示ソフトの取扱説明書に記載するものとし、最新の取扱説明書は利用者がインターネットを経由して確認するものとします。
    • (2)利用者のセンター側パーソナルコンピューターへの車両情報表示ソフトのインストール
    • (3)初期設定
    • (4)地図データの購入およびインストール
  • 第10条(サポート)
  • 富士通テンは、利用者による車両情報表示ソフト利用にあたり、第7条の利用料金が支払われることを条件に、以下のサポートを提供するものとします。
    • (1)問題発生時のコールセンターによるサポート(Q&A対応のみ)
      受付時間:平日9:30~17:30(土日祝日を除く)
    • (2)車両情報表示ソフトのバージョンアップ版の提供
  • 第11条(ID、パスワードの管理)
  • 1利用者は、第9条第1項の規定により富士通テンから発行されたIDおよびパスワードを、善良なる管理者の注意義務をもって管理するものとし、第三者に開示、漏洩してはならないものとします。
  • 2第三者が利用者のID、パスワードを不正に利用したことにより、利用者が何らかの損害(データの喪失、車両情報表示ソフトの利用不能、営業利益の損失等を含むが、これらに限られないものとします)を被った場合においても、富士通テンは一切当該損害について賠償する義務は負わないものとします。ただし、当該不正利用が富士通テンの故意・重過失に起因する場合はこの限りではありません。
  • 第12条(車両情報表示ソフトの使用許諾)
  • 1富士通テンは、第7条に定める利用料金が間断なく支払われることを条件に、車両情報表示ソフト利用契約の有効期間中、利用者に対し、車両情報表示ソフトを本規約記載の条件により使用できる非独占かつ譲渡不能の権利を許諾するものとします。なお、本規約中のいかなる規定も、本規約により利用者に許諾された使用権以外の権利(対象アプリケーションの著作権、トレード・シークレットに関する権利、所有権その他一切の権利)は、利用者に譲渡もしくは許諾するものではなく、富士通テンに帰属するものとします。
  • 2富士通テンは、利用者が、第7条に定める利用料金をお支払期日を経過してもお支払頂けない場合には、車両情報表示ソフトの使用を禁止することができる権利を有するものとします。
  • 3利用者は、第15条あるいは第17条の規定により、車両情報表示ソフト利用契約が解除、解約、終了した場合には、車両情報表示ソフトの使用を直ちに中止し、利用者のセンター側パーソナルコンピューターから車両情報表示ソフトを削除するものとします。
  • 第13条(禁止行為)
  • 利用者は、車両情報表示ソフトの利用にあたり、以下の行為を行わないものとします。
    • (1)車両情報表示ソフト利用契約の申込時において、虚偽の登録、届出または申告を行うこと
    • (2)他社になりすまして車両情報表示ソフトを利用する行為
    • (3)車両情報表示ソフトを不正の目的をもって利用する行為
    • (4)車両情報表示ソフト利用契約により生じた権利もしくは義務または車両情報表示ソフト利用契約に関する契約上の地位を、富士通テンの承諾なく第三者に譲渡もしくは承継する行為
    • (5)富士通テンもしくは第三者の知的財産権、所有権、その他の権利を侵害する行為、または侵害するおそれのある行為
    • (6)第三者のプライバシーを侵害する行為、または侵害するおそれのある行為
    • (7)富士通テンもしくは第三者を誹謗中傷し、名誉もしくは信用を棄損する行為、またはそのおそれのある行為
    • (8)他の利用者による車両情報表示ソフトの利用を妨害する行為
    • (9)富士通テンの営業活動を妨害する行為、またはそのおそれのある行為
    • (10)富士通テンまたは第三者に不利益もしくは損害を与える行為、またはそのおそれのある行為
    • (11)犯罪行為もしくは犯罪行為に結びつく行為、またはそのおそれのある行為
    • (12)車両情報表示ソフトの全部または一部を加工、改変、翻案または複製する行為
    • (13)有償、無償にかかわらず、車両情報表示ソフトを第三者に使用許諾、貸与、リース、転売もしくは担保設定したり、または車両情報表示ソフトの使用権を第三者に譲渡する行為
    • (14)車両情報表示ソフトをリバースエンジニアリング、逆アセンブル、逆コンパイル等の解析をする行為
    • (15)上記各号のほか、法令、公序良俗、本規約に違反する行為、またはそのおそれのある行為
  • 第14条(お客様情報の利用)
  • 富士通テンは、車両情報表示ソフトの提供にあたり取得する利用者の個人情報(当該情報によりまたは他の情報と照合することにより、利用者本人を識別し得る情報をいいます)を富士通テンが別途定める「個人情報保護方針」に従い取り扱います。
  • 第15条(富士通テンによる解約)
  • 富士通テンは、利用者が以下のいずれかに該当した場合、催告することなく利用者と富士通テンとの間の車両情報表示ソフト利用契約を解除することができるものとします。
    • (1)第7条に定める利用料金を、お支払期日を経過してもお支払頂けない場合
    • (2)第13条に定める禁止行為のいずれかに該当する行為を行った場合
    • (3)利用者が第22条(反社会的勢力の排除)第1項各号および第2項各号のいずれかに該当した場合
    • (4)利用者がドコモとの間で締結したトランシーバおまとめ払い契約が解除、解約その他により失効した場合
    • (5)前各号の他、本規約のいずれかに違反した場合
    • (6)本規約に基づく変更の届出を怠る等の事由により、利用者の連絡先が不明となり、富士通テンから利用者に対するご連絡が不能になったと富士通テンが判断した場合
    • (7)その他車両情報表示ソフト利用契約のご利用状況が不適格であると富士通テンが判断した場合
  • 第16条(サービスの停止)
  • 1富士通テンは、富士通テンが適当と判断する方法により利用者に通知または周知することにより、車両情報表示ソフトの利用を一時的に停止することができるものとします。
  • 2富士通テンは、システム上の故障、天災地変その他やむを得ない事由により、利用者に事前に通知または周知することなく、一時的に車両情報表示ソフトの提供を停止する場合があります。
  • 第17条(サービスの終了)
  • 富士通テンは、富士通テンが適当と判断する方法により事前に利用者に周知または通知することにより、車両情報表示ソフトの提供を終了することができるものとします。
  • 第18条(免責事項)
  • 富士通テンは、車両情報表示ソフトの遅延、変更、中断、停止もしくは終了、その他車両情報表示ソフトの利用に関連してまたは車両情報表示ソフトを利用できないことにより、利用者が不利益を被ったとしても、富士通テンは損害賠償責任およびその他の責任を負いません。
  • 第19条(利用者情報の取扱い)
  • 1富士通テンは、利用者に対して車両情報表示ソフト利用契約に基づき車両情報表示ソフトを提供するため、ドコモに対して利用者に関する情報(取引状況、取引金額、契約の中止、終了等)について提供することができるものとし、利用者はこれに同意するものとします。
  • 2富士通テンは、利用者に対して車両情報表示ソフト利用契約に基づき車両情報表示ソフトを提供するため、ドコモから利用者に関する情報(取引状況、取引金額、契約の中止、終了等)について提供を受けるものとし、利用者はこれに同意するものとします。
  • 第20条(秘密保持義務)
  • 1利用者は、富士通テンの事前の書面による承諾なくして、利用者が車両情報表示ソフト利用契約に関して富士通テンから口頭または書面を問わず開示されたアイディア、ノウハウ、発明、図面、写真、仕様、データ等の富士通テンの技術上、営業上および業務上の一切の情報(以下「秘密情報」といいます)を、車両情報表示ソフトの利用以外の目的に使用せず、また第三者に開示、漏洩しないものとします。
  • 2前項の定めにかかわらず、利用者が次の各号の一に該当することを立証した情報は、秘密情報に含まれないものとします。
    • (1)開示されまたは知得する以前に公知であった情報。
    • (2)開示されまたは知得する以前に自らが既に保有していた情報。
    • (3)開示されまたは知得した後、自らの責に帰さない事由により公知となった情報。
    • (4)開示されまたは知得した後、その秘密情報によらず自らの開発により知得した情報。
    • (5)開示されまたは知得した後、正当な権限を有する第三者から秘密保持の義務を問わず適法に知得した情報。
  • 第21条(損害賠償)
  • 利用者は、本規約等への違反、その他車両情報表示ソフト利用契約に関連して富士通テンに損害を及ぼした場合、富士通テンに対し損害を賠償するものとします。
  • 第22条(反社会的勢力の排除)
  • 1利用者は、次の各号のいずれか一にも該当しないことを表明し、かつ将来にわたっても該当しないことを表明し、保証するものとします。
    • (1)自らまたは自らの役員が、暴力団、暴力団員、暴力団員でなくなった時から5年を経過しないもの、暴力団準構成員、暴力団関係企業、総会屋、社会運動等標ぼうゴロまたは特殊知能暴力集団等その他これらに準じる者(以下、総称して「暴力団員等」という)であること
    • (2)暴力団員等が経営を支配していると認められる関係を有すること
    • (3)暴力団員等が経営に実質的に関与していると認められる関係を有すること
    • (4)自ら若しくは第三者の不正の利益を図る目的または第三者に損害を加える目的をもってするなど、暴力団員等を利用していると認められる関係を有すること
    • (5)暴力団員等に対して資金等を提供し、または便宜を供与するなどの関与をしていると認められる関係を有すること
    • (6)自らの役員または自らの経営に実質的に関与している者が暴力団員等と社会的に非難されるべき関係を有すること
  • 2利用者は、自らまたは第三者を利用して次の各号のいずれか一にでも該当する行為を行なわないことを保証するものとします。
    • (1)暴力的な要求行為
    • (2)法的な責任を超えた不当な要求行為
    • (3)取引に関して、脅迫的な言動をし、又は暴力を用いる行為
    • (4)風説を流布し、偽計を用い又は威力を用いて富士通テンの信用を毀損し、又は富士通テンの業務を妨害する行為
    • (5)その他前各号に準ずる行為
  • 第23条(準拠法)
  • 本規約等及び本規約に基づく車両情報表示ソフト利用契約の成立、効力、解釈及び履行については、日本国法に準拠するものとします。
  • 第24条(合意管轄)
  • 本規約等に関する一切の紛争については、神戸地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。
  • 第25条(協議事項)
  • 本規約等に定めのない事項および解釈上疑義の生じた事項については、必要に応じて利用者と富士通テンとの間で協議のうえ定めるものとします。
  • 2014年4月15日制定



※ご同意後、ボタンクリックが可能となります。
ご利用に関するQ&A
 どうすれば利用できますか?
 「車両情報表示ソフト利用規約」をお読みいただき「車両情報表示ソフト利用申請書」に必要事項記載の上ご指定場所に郵送願います。
お申込はこちら

また、ご利用には「トランシーバおまとめ払いサービス」「トランシーバデータ連携サービス」へのお申し込みが必要となります。詳しくは販売店にお問い合わせください。
 使用するために何が必要ですか?
 トランシーバー端末のご購入およびドコモ回線(ドコモトランシーバサービス契約)のご契約が必要です。詳しくは販売店にお問い合わせください。
パソコン、地図ソフトはお客様にてご用意していただく必要があります。また、固定のグローバルIPアドレスの取得はお客様がご契約されているプロバイダまたはお客様の情報システム部門へご確認ください。
動作環境はこちら
お問い合わせ