製品情報お客様サポート会社情報
  1. ホーム
  2. 会社情報
  3. 会社概要
  4. 沿革

沿革

当社は富士通㈱より、そのラジオ部門および自動車関連電子機器の専業化による強化拡充のため
1972(昭和47)年10月25日 分離設立され、同年12月1日より操業を開始しました。
当社事業の源流は、川西機械製作所のラジオ生産であり、
その後神戸工業㈱・富士通㈱を経て現在に至っております。


経営のあゆみ

経営のあゆみ
1920(大正9)年 川西機械製作所創立
1949(昭和24)年 神戸工業(株)設立
1967(昭和42)年 テンオンキョー(株)設立(現 富士通テンマニュファクチュアリング(株)小山工場)
1968(昭和43)年 神戸工業(株)、富士通(株)が合併、ラジオ部門は富士通(株)神戸工業部の所属となる
1972(昭和47)年 富士通(株)からラジオ部門が分離・独立、富士通テン(株)設立(資本金5億5千万円)
1973(昭和48)年 資本金を10億円に増資
トヨタ自動車工業(株)、日本電装(株)の資本参加を得る
1975(昭和50)年 中津川テン(株)設立(現 富士通テンマニュファクチュアリング(株)中津川工場)
1979(昭和54)年 資本金を13億円に増資
1984(昭和59)年 本社工場内にモートロニクス棟建設
1985(昭和60)年 本社工場内に製造棟建設
資本金を33億円に増資
1987(昭和62)年 中津川テン(株)吸収合併
FUJITSU TEN CORP. OF AMERICA ラッシュビル工場完成
1989(平成元)年 本社工場内に技術棟建設
シンボルマークを一新
1990(平成2)年 本社工場内に「音響開発センター」開設
1991(平成3)年 中津川工場内に製造棟増設
FUJITSU TEN CORPORATION OF THE PHILIPPINES工場完成
資本金53億円に増資
1994(平成6)年 富士通テン社会貢献基金設立
1995(平成7)年 阪神大震災により本社工場4日間操業停止
1996(平成8)年 欧州においてカーオーディオの生産開始
品質保証システムの国際規格ISO9001:1994の認証を取得
1997(平成9)年 FUJITSU TEN de MEXICO,S.A.deC.V.工場完成
中津川テクノセンター開設
天津富士通天電子有限公司工場完成
環境管理システムの国際規格ISO14001の認証を取得
1998(平成10)年 米国ビッグ3(GM、フォード、ダイムラークライスラー)が制定している品質管理基準QS-9000の認証を取得
カーオーディオ業界で初めて、部品調達に電子かんばんの運用を開始
1999(平成11)年 神戸物流センター開設
2000(平成12)年 環境会計導入
中津川テクノセンターが国際規格ISO/IEC17025に基づくEMCサイト認可取得
2002(平成14)年 FUJITSU TEN (THAILAND) COMPANY LIMITEDに工場完成
鉛フリーはんだを使用したカーAV製品を市場投入
カーエレクトロニクスメーカーで国内初、モートロニクス本部がCMMレベル3評価を達成
2003(平成15)年 豊田物流センター開設
国内全生産拠点でゼロエミッション達成
2004(平成16)年 富士通天電子(無錫)有限公司工場完成
2005(平成17)年 「愛知万博(愛・地球博)」の協会企画催事のひとつ
「愛・地球メッセージイベント」の「愛・地球セッション」コンサートに協賛
品質保証システムの国際規格ISO/TS16949:2002の認証を取得
2007(平成19)年 国内全グループ会社で環境管理システムの国際規格ISO14001の統合認証を取得
FUJITSU TEN SOLUTIONS PHILIPPINES,INC.が「CMMI」のレベル3を達成
FUJITSU MANUFACTURING ESPANA,S.A.を子会社化
FUJITSU TEN ESPANA,S.A.として新たにスタート
カーAV製品の生産累計1億台達成
2008(平成20)年 富士通天電子(無錫)有限公司工場増築
2010(平成22)年 富士通テンサービス(株)設立
執行役員制度導入
(株)テクノセプタを子会社化、富士通テンテクノセプタ(株)に社名変更
2011(平成23)年 東日本大震災国内工場において操業一部停止、海外工場においても国内向け製品の生産一部停止
ネットワークサービス事業の検討強化のため、「東京クリエイティブスクエア」開設
FUJITSU TEN DO BRASIL LTDA設立
インドのお客様に対する対応強化のため、FUJITSU TEN (THAILAND) COMPANY LIMITED内に、インド・バンガロール支店開設
2012(平成24)年 国内マーケット事業拡大のため、国内3つの販売子会社を統合し、富士通テン販売(株)設立
中国ビジネス統括会社 富士通天(中国)投資有限公司設立
インドに製造合弁会社 FUJITSU TEN MINDA INDIA PRIVATE LIMITED設立
インドに販売合弁会社 MINDA F-TEN PRIVATE LIMITED設立 
2013(平成25)年 PT FUJITSU TEN AVE INDONESIA設立
川崎センサ開発センター 開設 
2014(平成26)年 中津川工場と(株)栃木富士通テンを統合、富士通テンマニュファクチュアリング(株)設立 

製品のあゆみ

製品のあゆみ
1955(昭和30)年 トヨタ「クラウン」用カーラジオ納入開始
市販用カーラジオ製造開始
1956(昭和31)年 タクシー用無線機の製造開始
1959(昭和34)年 日本初のオールトランジスタカーラジオ開発
1967(昭和42)年 日本初の8トラック方式カーステレオ発売
1973(昭和48)年 安全ベルト制御および排出ガス制御用電子機器をトヨタ自動車工業(株)に納入開始
1977(昭和52)年 コンポーネントカーステレオ発売
1978(昭和53)年 クルーズコントロール用電子機器をトヨタ自動車工業(株)に納入開始
1979(昭和54)年 電子同調ラジオおよび録音機能付カーステレオをトヨタ自動車工業(株)に納入開始
1980(昭和55)年 テンAVMシステム発売
コンポーネントカーステレオ「バイヨ」発売
1981(昭和56)年 電子制御自動変速装置用電子機器をアイシン精機(株)に納入開始
1982(昭和57)年 MCA無線装置発売
車高制御装置をアイシン精機(株)と共同開発、同社に納入開始
1983(昭和58)年 パーソナル無線機「パソコールバイヨ」発売
ディーゼル車用プリヒートタイマをトヨタ自動車(株)に納入開始
世界初の車載用CDプレーヤをトヨタ自動車(株)と共同開発
電子制御燃料噴射装置(EFI)のコントロールユニットをトヨタ自動車(株)に納入開始
1984(昭和59)年 盗難防止(セキュリティ)機器をトヨタ自動車(株)に納入開始
1985(昭和60)年 車両一体音響システム「ライブサウンドシステム」をトヨタ自動車(株)と共同開発、同社に納入開始
1987(昭和62)年 バスロケーションシステム発売
1988(昭和63)年 車載用DATプレーヤ発売
米国市販市場向けにカーオーディオの新シリーズ「ECLIPSE」発売
1989(平成元)年 世界初の車載用DSPサウンドプロセッサを開発、カーオーディオの新シリーズ「αシリーズ」発売
1991(平成3)年 最高級カーオーディオ「Sound Monitor」発売
1992(平成4)年 アンチロックブレーキシステム(ABS)のコントロールユニットをトヨタ自動車(株)に納入開始
1993(平成5)年 車両運行管理システムを(株)朝日セキュリティシステムズと共同開発、同社に納入開始
1994(平成6)年 世界初車載用マルチメディアプレーヤ「CAR MARTY」発売
車間距離警報装置「レーザーアラーム」発売
1995(平成7)年 国内市販市場向けにカーオーディオの新シリーズ「ECLIPSE」発売
1996(平成8)年 カーナビゲーション用VICSユニットをトヨタ自動車(株)に納入開始
日本発、ディーゼル黒煙浄化制御ECUを(株)豊田自動織機製作所と共同開発・同社へ納入
1997(平成9)年 世界初の1DINサイズ6枚CDチェンジャーをトヨタ自動車(株)に納入開始
カーナビゲーションとオーディオビジュアルを2DINサイズに集約した「AVN」発売
タクシー用CTI(Computer Telephony Integration)自動配車システムを発売
1998(平成10)年 世界最小の60GHz帯自動車用スキャン型ミリ波レーダを開発、サンプル出荷開始
DVDカーナビゲーションシステム発売
自動車制御用ECU開発ツール、リアルタイムシュミレータ「CRAMAS」開発
1999(平成11)年 世界最小の76GHz帯自動車用スキャン型ミリ波レーダを開発、サンプル出荷開始
自動車エンジン制御用電子機器の累計1,000万台達成
2000(平成12)年 車載用DVDシステムで世界初、ハース効果を応用した車載用DVD5.1ch再生システム開発
世界初のDVDナビゲーションとオーディオビジュアルを2DINサイズに集約したDVD-AVNをトヨタ自動車(株)に納入開始
「ECLIPSE」をアジアで発売
2001(平成13)年 タイムドメイン理論を用いたホーム用卵型スピーカーとパワーアンプ「ECLIPSE TD」発売
2002(平成14)年 タイムドメイン理論を用いた車載用スピーカをECLIPSE Sound Monitorとして販売
世界初、20GBハードディスクを2基搭載したカーナビゲーションシステム発売
2003(平成15)年 「AVN」を(株)ホンダアクセスに用品として納入開始
世界初、通信機能により地図等の情報を取り込めるカーオーディオ「i-audio」発売
「76GHz帯ミリ波レーダ」を本田技研工業(株)に納入開始
世界初、タクシー専用デジタル無線システムを開発・納入開始
2004(平成16)年 「AVN」を米国、中国にて「ECLIPSE」ブランドで発売
世界初、車載用TVアンテナとGPSアンテナをフィルム型に統合した「TV/GPS一体型フィルムアンテナ」開発
2005(平成17)年 世界初、「DUAL AVN」と「1DIN AVN」を発売
地上デジタルテレビチューナを発売
ドライブレコーダを発売
「AVN」を欧州にて「ECLIPSE」ブランドで発売開始
2006(平成18)年 世界初、車の天井材を振動させて音を出す「ヘッドライナースピーカシステム」をトヨタ紡織(株)と共同開発
「AVN」をオーストラリアにて「ECLIPSE」ブランドで発売
トヨタ自動車(株)が開発した世界初の後方プリクラッシュセーフティシステム向けに76GHz帯ミリ波レーダを納入
2007(平成19)年 インターネットの情報を携帯電話でナビに取り込めるECLIPSE2007年夏モデル発売
ナビ部着脱型オーディオ一体カーナビゲーションを米国・欧州・豪州で発売
ハイブリッド車用ECUをトヨタ(株)に納入開始
カーナビ業界初、地デジチューナ・B-CASスロットを本体に内蔵した「AVN」発売
2008(平成20)年 次世代音響空間コントロールシステムを開発、新型クラウンの「トヨタプレミアムサウンドシステム」に採用
メモリーナビゲーション「AVN Lite」を発売
ホンダ新型「ライフ」向けに「ディスプレイ付カーオーディオ」を納入
2009(平成21)年 トヨタ自動車(株)が開発した、世界初の「前側方プリクラッシュセーフティシステム」向けに、76GHz帯ミリ波レーダを納入
2010(平成22)年 世界初、車両の周囲を様々な視点から立体的な俯瞰映像で確認できる「マルチアングルビジョン™」をトヨタ自動車(株)に納入開始
ポータブルナビゲーション「EP001」発売
2011(平成23)年 世界初、車載用ディスプレイの直射日光補正機能を搭載したLSI「Vivid View Processor™3」を開発
2012(平成24)年 スマートフォンでタクシーが呼べる「すぐくるタクシー 東京無線版」を開発、東京無線(株)よりサービス開始
業界最大級「9型大画面」&市販初「クルマでDS」対応ECLIPSEカーナビ2012年夏モデル発売
2013(平成25)年 国内市販初、「Wi-FiR」接続機能搭載ECLIPSEカーナビ2013年秋モデル発売
自然な対話で目的地検索ができる対話型エージェントアプリ「CarafL」リリース
2014(平成26)年 市販初、全国の地図が自動で更新されるECLIPSEカーナビ2014年秋モデル発売
2015(平成27)年 日本初、デジタル無線、IP無線の両方に対応した「クラウド型タクシー配車システム」発売
業界初、ヒヤリハット画像自動抽出機能を搭載したクラウド連携業務用ドライブレコーダー「G500」発売